肌の古い角質・黒ずみ・くすみ感にも嬉しい酵素洗顔

酵素洗顔おすすめ

年齢を重ねて感じやすい肌のくすみ感、毛穴の黒ずみ。
酵素洗顔はこれらのお肌をリセットするのにも役立つ洗顔として注目されています。

 

古い角質が折り重なった肌は、ターンオーバーが乱れたり、肌自体のくすみの原因にもなります。
酵素は、この古い角質ケアにも活躍してくれる洗顔でもあります。

 

おすすめ酵素洗顔ランキング

アルファピニ28・酵素洗顔パウダーの特徴

余分な皮脂と古い角質に働きかける天然サンゴとパパイン酵素の二つを配合した酵素洗顔です。

パウダータイプですので、水に馴染ませると素早く泡立ち、自然由来成分が優しく肌の汚れや皮脂、古い角質を落としてくれます。

敏感なお肌の方のための、植物由来の保湿成分をプラスし、余分な成分を含まない無添加洗顔となっています。

価格 3,150円⇒定期便2,520円
評価 評価5
備考 パウダー 45g 約2カ月分

マナラモイストウォッシュゲルの特徴

敏感肌の方におすすめの酵素成分配合の洗顔です。

美容成分97.5%のゲルは洗浄成分は含んでおらず、カプセル化されたパパイン酵素の働きで毛穴や角栓をケアしてくれます。
肌にクルクルと馴染ませてすすぐだけなので、洗顔にかける時間を短縮できるので、お肌が繊細な方にも負担が少なく洗えます。

また、角栓や黒ずみケアのための部分使用にも役立つので、洗顔は泡でしっかりと洗いたいという方の洗顔前にコットンでふき取るように汚れを取り除いた後に洗顔をするのにも使えます。

価格 3,615円
評価 評価5
備考 約2カ月分 ジェル

 

酵素洗顔の肌に嬉しい効果とは?

たんぱく質を除去する酵素のチカラ

酵素洗顔の特徴として、肌の古い角質を除去を酵素が持つたんぱく質を除去する働きを活かした洗顔で、くすみ感の解消や、角質による毛穴のつまり、毛穴まわりを塞いでしまうといった黒ずみケアにもおすすめです。

 

余分な皮脂を分解する酵素のチカラ

さらに肌の余分な皮脂を分解、除去するのにも酵素のチカラは役立ちます。
例えば、皮脂の分解に働きかける酵素として、サンゴがあり、サンゴの酵素の働きによって、肌から余分な皮脂を取り除き、肌をリセットしてくれます。

 

酵素洗顔の魅力でもある、古い角質を取り除く力と余分な皮脂を落としてくれる力はくすみ感、毛穴のつまりの原因、角栓にも役立つことから、肌のターンオーバーが乱れがちな年代の方の洗顔として人気があります。

 

酵素洗顔をするなら知っておきたい正しい使い方

酵素洗顔は肌の様々なお悩みに対して役立つ働きが期待できますが、正しい使い方をしないと、思わぬ肌トラブルを招いてしまう恐れがあります。
これからお試ししようと考えている方はチェックしましょう。

  • しっかりと泡立てる(ネットなどの使用がおすすめ)
  • 酵素の泡で洗うことが大切なので、手でこすらないように注意
  • 皮膚が薄い口元や目元は泡を乗せて馴染ませるように洗う
  • ぬるま湯(30〜32度くらい)で洗い残りが無いようにすすぐ
  • 洗顔後は時間をおかずにスキンケアを行う

手をしっかりと洗って清潔な状態で洗顔をしましょう

洗顔の基本とも言えますが、意外に見落としがちなのが、手の汚れです。手は一日の中で様々な場所に触れるため、雑菌なども付きやすいので、まずはしっかりと手洗いをして清潔な状態で始めましょう。

 

余分な皮脂や汚れを落とすためのすすぎ

酵素洗顔をする前のすすぎも大切です。余分な皮脂や汚れを落としてから行うことで、酵素の良さを得られやすくなります。

 

酵素洗顔を行う時の注意点

  • ニキビや吹き出物などの肌トラブルが見られる時は避ける
  • 乾燥がひどい、もしくは敏感肌で赤みなどが見られる時は避ける

酵素洗顔は古い角質を落とし、角栓などの除去に役立ちますが、ピーリングのような作用があるため、ニキビや吹き出物などがある場合には負担がかかる可能性があるので、避けることをおすすめします。

 

また、肌表面のセラミドなどのバリア機能を果たしている保湿成分が不足している乾燥がひどく、敏感な状態の肌の時は避けるようにしましょう。

 

酵素洗顔を使用する目安は?

酵素洗顔を行う目安としては、一般的には週1回を目安にすることで、古い角質を落としながら肌への負担も少なく、リセットすることが期待できると言われています。
ただ、最近では、毎日使えることを考えて作られた酵素配合の洗顔なども登場していますので、目的や使い心地などを確かめながら選ぶことが大切ですね。

 

乾燥肌・敏感肌の場合

乾燥肌や敏感肌の方の場合、肌のキメが荒れている状態です。この状態で角質除去作用が高い酵素の働きは、さらに乾燥を進めてしまう可能性があるので、おすすめできないことがあります。

 

乾燥による毛穴の開きで黒ずみや汚れが気になる方の場合は、やはり週1回程度を目安として酵素洗顔を行いましょう。
敏感肌の方の場合は2週間に1回くらいで肌の状態を見て行うことから始めるのが、お肌にとっても良いと言えます。

 

乾燥肌、敏感肌の方でターンオーバーが乱れ、古い角質が気になるという方は、まずしっかりと水分と油分のバランスを整える保湿ケアを重点的に行うことが大切ですね。

 

オイリー肌の場合

オイリー肌の方の場合、皮脂が多いため、毛穴のトラブルが起きやすいため、週1回から始めて、2回くらいに増やすのもおすすめです。
特に毛穴まわりに古い角質もたまりやすいので、酵素洗顔の良さを感じやすい肌質の一つです。

 

ただ、ニキビが多く赤みを帯びている状態の時は避けるようにしましょう。

 

オイリー肌の根本は隠れ乾燥肌の場合もあります。この状態のお肌は潤い不足が影響してきますので、洗顔の回数には気を使う必要があるのと、洗顔の仕方にも気を配りましょう。

 

普通肌の場合

特に肌のトラブルなどがなく、乾燥なども感じていない方の場合、肌の水分と油分のバランスが取れていること、肌のターンオーバーが整っているとも言えますので、酵素洗顔を取り入れる時には、季節の変わり目など肌のターンオーバーが乱れやすい時で肌のザラつきが気になった時に取り入れる程度がおすすめです。

 

 

肌が弱い、敏感肌の方の場合、洗い上がりの肌に潤いが不足してしまう場合もあるので、一度、使ってみてお肌に合わない場合は保湿スキンケアを優先することが大切です。もしくは使用する頻度を減らすといったことも洗顔時の肌トラブルを回避するポイントです。