オーガニック洗顔で肌を育てましょう!オーガニック石鹸の特徴とは?

オーガニック洗顔

近年、食べ物だけでなくスキンケアアイテムにも自然原料を使用したオーガニック洗顔料(オーガニック洗顔石鹸など)を愛用される方が増えています。
肌に対して余計な成分の影響を与えず肌本来のチカラを育てたいという方は増えているように思います。

 

特に洗顔石鹸を好んで使用している方はオーガニック原料で作られた洗顔石鹸を一度は試したことがあるかもしれませんね。

 

オーガニックの洗顔石鹸の特徴

オーガニックな洗顔石鹸の特徴は添加物などの化学物質を不使用、もしくは最低限の使用の元作られた石鹸で、主に植物原料が使用されています。
そしてシンプルに汚れを落とす、肌に活性成分を残さずに洗い流し、肌をリセットして本来の状態へと導くことが期待できます。

 

例えば、繊細な肌の方やニキビがある方の場合、洗顔料に含まれる化学物質に刺激を感じてしまうことがあり、できるだけ余計な成分を含まないシンプルな洗顔をしたいという方に好まれています。

 

オーガニック洗顔石鹸を使う時に注意したいこと

ただ、オーガニック洗顔料イコール肌に優しいというイメージが定着していますが、必ずしも安心というわけではありません。
というのもオーガニック原料のみで作られた洗顔石鹸は純石鹸の場合もあり、洗浄力に優れているものの、敏感な肌の方には洗い上がりがつっぱり、ヒリヒリしてしまうことがあります。

 

よく洗顔石鹸は肌の状態が表れやすいと言われていますが、オーガニック洗顔石鹸も同様に石鹸で洗った後のつっぱりを感じることがあります。

 

また、自然原料ということは、その原料に対してアレルギーがある場合もあるため、使用前にはチェックが必要です。
オーガニック洗顔料を含むオーガニック化粧品は商品によって様々で、オーガニック原料を少ししか使用していなくてもオーガニック化粧品と言っていたりと日本では食品ほど、化粧品のオーガニックに対するガイドラインが整備されておらず、各メーカーの言い方次第という点もあります。

 

洗顔でオーガニック原料の石鹸を使用する場合には、原料やメーカーの海外のオーガニック認証(エコサートなど)の取得の有無をチェックし、トライアルセットがある場合には必ずお試しして自分の肌に合うかを確認することが大切です。

 

 

もちろん、余分な成分を含んでいない分、余計な刺激は少ないのがオーガニック洗顔の良い点です。
その分、肌に合うオーガニック洗顔料を見つけられたら、肌自体を育てることにも繋がるので、オーガニック洗顔料を愛用している方は一度馴染むと辞められないという方が多いです。


 

オーガニック化粧品のオーガニック認証とは?

海外では日本と違いオーガニック化粧品に関しても各認証団体があり、厳格な審査のもとオーガニックであるかの認証を行っています。
日本のオーガニック化粧品の中にも海外でオーガニック認定を受け認証されているメーカーもあります。

 

このオーガニック認証は一定の基準を超えている、順守されているものにしか発行されないため、オーガニック化粧品を選ぶ時の判断基準の一つになります。

 

海外の主なオーガニック認証団体

  • ECOCERT(エコサート)・フランス
  • USDA・アメリカ
  • ACO・オーストラリア
  • NaTrue・EU
  • BDIH、demeter、ecocontrol、neufrom・ドイツ

他にも、イタリアやイギリスなど各国にオーガニック認証団体が存在し、各団体それぞれの認定基準があります。
日本で有名なのはECOCERT(エコサート)があり、こちらは世界基準とも言われる信頼性があり、日本のオーガニックメーカーの中にもこのエコサート認証を受けているオーガニック化粧品もあります。

 

日本製のオーガニック化粧品

近年の自然派なライフスタイルが定着してきていることもあり、オーガニックをアピールするメーカーも増えています。
そんな中でエコサート認定を受けている日本のオーガニック化粧品も増えてきています。

 

エコサートやアメリカのUSDA認証などを受けたブランドなど、こだわりのオーガニック化粧品も増えています。

 

注目の国産オーガニックブランド「琉白〜るはく〜」

 

琉白〜るはく〜は沖縄発のオーガニックブランドで沖縄に古くから伝わる、植物原料を使用しているのが特徴です。
琉白〜るはく〜の洗顔石鹸はポリフェノールが豊富な沖縄伝統ハーブ月桃を採用、肌の老化防止やキメを整えるのに役立つ植物です。

 

オーガニック認証のエコサートを取得している他、有機JAS認証、使用している水は海洋深層水を使用するなど、自然原料にこだわっています。

 

今なら、洗顔石鹸に加えて、保湿化粧水、保湿クリーム、美容液オイル、泡立てネットがセットになった7日間のトライアルセットでお試しできます。
送料は無料で、990円税込とお求めやすい価格ですので、注目の国産オーガニックブランドに触れてみたい方はチェックしてみてくださいね。

 

琉白〜るはく〜公式サイト

 

オーガニック化粧品の口コミ

 

洗顔石鹸と一緒に他のスキンケア化粧品も最近、オーガニックに切り替えました。
私は香りも気に入っていますが、友達に試してもらった所、香りがちょっと苦手という感想があったので、選ぶ時には香りも気にした方が失敗が無いかなーと思いました。


 

初めてオーガニック石鹸を使うようになりましたが、今まで洗顔フォームなども使っていたので保湿成分が含まれていることもあって洗い上がりがしっとりとしているように思っていましたがオーガニック石鹸を使ってみるとスッキリした洗い上がりなものの、最初はつっぱりが気になって、大丈夫かな?と思ったのですが、洗顔後にしっかりと保湿をするようにしながら続けていましたが、最近では肌のつっぱりも無く、肌自体の乾燥も減ったように思います。


 


関連ページ

拭き取り化粧水は洗顔にも効果的?
洗顔しない美容法としても話題の拭き取り化粧水による朝の洗顔方法の効果や洗顔しないメリットについて解説します。
炭酸水を使った洗顔の魅力とは?
モデルさんの間でも人気となった炭酸水を使った洗顔の魅力やお肌にどんなメリットがあるのかという疑問について解説しています。
ロゼット洗顔パスタの種類とその魅力について
日本初のクリーム状洗顔料を発売した人気の洗顔料ロゼット洗顔パスタのラインナップをそれぞれの特徴や魅了、おすすめの肌質について解説しています。
洗顔泡立て器で肌に優しい洗顔をスタート
今や洗顔にこだわる方なら必須アイテムと言える泡立てアイテムの一つ洗顔泡立て器の特徴についてご紹介します。
洗顔ブラシは肌に優しい?負担がかかる?
洗顔アイテムの一つ洗顔ブラシの特徴や使うことで期待できる効果について解説しています。また洗顔ブラシを使う上での正しい使い方や注意点をご紹介しています。
お肌の透明感を高める米ぬか洗顔の魅力
米ぬか洗顔はしっとり、つるつるな洗い上がりが人気の洗顔方法です。肌のくすみ感が気になる方からも好評な米ぬか洗顔の特徴やお肌に嬉しい効果についてご紹介します。
いちご鼻を改善するための洗顔
いちご鼻でお悩みの方が改善を目指すために知っておきたい正しい洗顔料選びと洗顔方法について解説しています。
オリーブオイル洗顔がおすすめの肌質
美容面でもお肌に嬉しい栄養が豊富なオリーブオイルでの洗顔はどんな肌質の方に向いているのか?その理由や洗顔時の注意点についてご紹介します。
牛乳石鹸の赤箱と青箱、洗顔ならどちらがおすすめ?
歴史があるカウブランドの牛乳石鹸を洗顔に使いたい時には赤箱と青箱のどちらがおすすめなのか?それぞれの特徴と合わせてご紹介します。
水だけで洗う水洗顔のメリットと洗顔方法
肌の調子が安定しないという方にもおすすめの水だけで洗う水洗顔のメリットと水洗顔を行う時の洗顔方法についてご紹介しています。
ニキビ跡を改善するための洗顔
ニキビがうまく完治せずに跡になってしまった状態を洗顔と洗顔後のケアで改善するためのポイントについて解説しています。
普通肌・混合肌の洗顔料選び
比較的、お肌のトラブルは感じないものの、部分的にオイリーな箇所がある普通肌(ノーマルスキン)の方の洗顔料選びと洗顔方法について解説しています。
思春期ニキビのケアのNG習慣チェックと正しいケア
ニキビや皮脂の量が増えやすい思春期のニキビはコンプレックスにもなりやすく、間違ったケアはニキビ跡として残ってしまう可能性があります。NG習慣をチェックして正しいケアで数年先の肌を考えたニキビケアに取り組みましょう。高校生のスキンケアについてもご紹介しています。
皮膚の構造・肌の仕組みについて
洗顔やスキンケアを行う上で知っておきたい皮膚の構造、肌の仕組みについての基本と、見分けの判断がしづらい脂性肌と乾燥肌の違いや見分け方をご紹介します。
洗顔シートのメリット・デメリット
外出先やアウトドアなどでとても便利な洗顔シートの特徴や成分と使う上で知っておきたいメリット・デメリットについて解説しています。