泡洗顔におすすめの洗顔石鹸・洗顔フォーム

泡洗顔おすすめ

洗顔はしっかりと泡立てて行うというのが、肌の乾燥を防ぐスキンケアの一つのポイントでもあります。
特に洗顔フォームタイプには合成洗浄成分が多く含まれており、泡立て不足の状態で肌に乗せると洗浄成分が毛穴に入り込んだり、塞いだりしてしまうケースもあります。

 

また、泡立て不足による洗顔は肌に洗浄成分が残りやすいすすぎ不足にも繋がり、肌への負担が大きくなる場合もあるので、洗顔料を使用する場合にはしっかりと泡立ててから肌に乗せることを意識することが大切です。

 

泡立ちが良いおすすめの洗顔料

normal

肌ナチュールリッチモイストクレンジングの特徴
高濃度の炭酸と自然原料にこだわった炭酸美容液クレンジングです。

クレンジングですが、洗顔としても使える他、炭酸パックとしても使用できる、美容成分たっぷりのスキンケアアイテムでもあります。
一般的な炭酸泉の3倍の炭酸を閉じ込めた炭酸の働きによって古い角質をなめらかに落としながら、吸着型ヒアルロン酸とナノコラーゲン、濃厚プラセンタエキスで肌の保湿をしっかりとサポートしてくれます。

さらに日本全国から厳選された原料から作られた美容成分は全部で53種類と美容液のようなクレンジングです。

YAHOO、楽天、@cosmeの3大コスメランキングでも1位を獲得するなど、今注目のアイテムです。
価格
1,980
評価
評価5
備考
初回モニター限定特別価格
通常価格
3,980円

VCOマイルドソープの特徴
ヴァージンココナッツオイルが持つ天然のラウリン酸の働きで高い気泡力を実現、生クリームのようにキメの細かい泡で汚れを落とします。

しかも泡の密度が濃いので時間が経っても崩れない弾力性のある泡で洗えます。

泡立て時間もネットをを付けば約10秒でしっかりと泡立つので、顔を濡らしてから時間をかけずに洗顔を始められます。

公式サイトでは泡立て方法も動画でご紹介しているので、是非チェックしてみてください。
価格
定期コース1,423
評価
評価5
備考
洗顔石鹸 85g 約1か月分
通常価格
2,847円

ヴァーナル【もち肌洗顔セット】の特徴
ヴァーナルの【もち肌洗顔セット】には2種類の洗顔石鹸に泡立てネットが付いていますので、簡単に密度の濃い泡を作ることができます。

また、2種類の石鹸には植物由来成分の洗浄成分、美容成分が含まれており、泡で洗いながら潤いを与えてくれるのが特徴です。
価格
1,980
評価
評価5
備考
洗顔石鹸 洗顔のお試しセット

肌潤石鹸の特徴
泡密度が細かく洗顔中も泡がつぶれにくいのが肌潤石鹸の特徴で、泡の中には潤い成分ライスパワーNO.11、醗酵エキスを配合して肌の潤いを保つのに働きかけてくれます。

公式サイトでは洗顔のポイントや泡立て方法の手順もご紹介しています。
価格
評価
評価5
備考
洗顔石鹸 80g

シルクピュアホイップの特徴
シルクと酒粕、コメデンプン、コメ醗酵液を配合した泡で洗える洗顔フォームです。

名前のようにホイップクリームのような泡が素早く作れるので、毎回の洗顔時の泡立てに時間を取らせません。

今なら、デビューセットとして、国産泡立てネットが付いたセットをお求めやすい価格で販売中です。
価格
2,100
評価
評価5
備考
洗顔フォーム 120g
通常価格
2,680円

アクナインの特徴
肌に負担となる成分をカット、ニキビが気になるお肌にも刺激を与えずに洗える濃密な泡が特徴です。

石鹸の製造は機会ではなく、職人の手によって製造、された手作り石鹸となっています。

定期コースに申し込みの方は石鹸プラス泡立てネットをプレゼントとなっています。
価格
定期コース2,500
評価
評価5
備考
洗顔石鹸 60g
通常価格
3,500円

 

泡洗顔料とは?どんなメリットがあるの?デメリットは?

泡洗顔料は、一般的な洗顔料のフォーム、ペーストと違い、ポンプタイプなどの容器に入った洗顔料が多いです。
また、石鹸やパウダーなどをしっかりと泡立てることでも泡洗顔が行えます。

 

泡洗顔のメリット

  • 密度が高くキメ細かい泡で洗える
  • ポンプタイプの場合泡立てる手間無くすぐ洗える
  • 摩擦を最低限にして洗える
  • キメ細かい泡は肌の凹凸の汚れにも効果的
  • 泡切れが良い

泡洗顔のデメリット

  • 使用する泡の量によっては肌を擦ってしまう場合もある
  • 成分の割合で水分が多く泡のキメが荒い種類がある
  • 密度が低い泡の場合はすぐに潰れてしまう

 

泡洗顔の魅力は簡単に泡での洗顔ができることです。忙しい朝の準備で泡を作るのが面倒という方にも使いやすいです。
その分、泡だからという過信で洗い方が雑になってしまう場合もあるので、あくまで丁寧に泡のクッション性を活かして洗えることが特徴であるという点を理解しておくと泡洗顔の良さを感じられやすいです。

 

泡洗顔はニキビケアの洗顔にも効果的?

大人になってからのニキビは肌が隠れ乾燥状態で皮脂が過剰に分泌されることで起きる場合が多いです。
また、しっかりと洗う洗顔は、洗い方によっては肌の保湿成分まで落としてしまい、バリア機能が弱まり、毛穴の皮脂が増えすぎ、アクネ菌のエサとしてニキビに繋がる可能性もあります。
泡洗顔がニキビのケアに向いているという点は、やはり擦らずに洗顔を行う習慣を作りやすいことが挙げられます。
また擦らずに洗う習慣がつく事でニキビ自体への摩擦による刺激も減りますし、今まで通常の洗顔フォームで洗っていた方は違いを感じやすいと言えます。

 

泡洗顔をする時にかける時間はどれくらい?

泡洗顔は汚れを吸着してくれるというイメージがあり、顔の乗せてから5分くらい待ってからすすぐという方もいるようですが、泡といっても洗浄成分が含まれているので、あまり長い時間肌に乗せるのはおすすめしません。一般的な洗顔の時間と同様に3分くらいですすぎまで行うくらいに収めてお肌の状態をチェックしてみてはいかがでしょう?

 

洗顔石鹸の泡立てをする時の注意点

洗顔時に泡立てをしっかりとすることは大切ですが、泡を立てるまでの時間にも注意が必要です。
肌を一度濡らした状態で、長々と泡立てをしていると、肌の水分が蒸発し、乾燥を引き起こしやすくなります。

 

面倒な泡立てはネットを活用

最近では、手で泡立てるよりも簡単に素早く、泡だてられる泡立てネットがお求めやすい価格でも手に入るようになっています。
泡立てる時間が面倒という方は泡立てネットを利用して素早く泡を作る習慣を付けることも、洗顔後の肌の乾燥を防ぐポイントです。

 

重曹泡洗顔とは?

重層泡洗顔は洗顔料に重層を混ぜて行う洗顔方法です。重層と言えば、台所などを洗う時の洗剤としてや食用にも用いられます。
ナトリウム化合物中で最も弱いアルカリで、人に無害な物質として、古くから様々な所で利用されてきた歴史があります。

 

重層の特徴

重層には水を柔らかくする作用があり、軟水化された水は汚れが落ちやすい他、肌にも優しい特徴があると言われています。他にも発砲性があり、汚れを落と働きが高い他、酸性の汚れを中和する、細かい粒子で研磨効果なども持ち合わせています。

 

私達の生活には生活用品、食用、工業用など規格に違いがあります。

 

重層泡洗顔のやり方

  1. 普段使用している洗顔料を泡立てる
  2. 食用の重層を小さじ1杯用意し泡に混ぜる
  3. 重層を含んだ泡で擦らずに馴染ませるように洗う

普段使っている洗顔を使用できる上に、重層を混ぜるだけなので簡単です。
擦らずに優しく洗うことを意識してすすぎはいつもよりも多めのイメージでしっかりと洗い流しましょう。

 

自分で作るのが不安という方は重層が入った洗顔料も販売されているので、チェックしてみてくださいね。

 

重層洗顔に興味を持たれた場合、実際に行う際には必ずパッチテストを行いましょう。
※重層を溶かした水を腕の内側に塗り、1日経過した後に赤みやかゆみが無いかチェックうをする

 

また、乾燥肌、ニキビ肌の方は重層の油を溶かす作用によって必要な皮脂まで落としてしまう可能性があるので避け、普通肌の方でも週に1度くらいを目安に行います。