拭き取り化粧水で汚れを落す美容法!洗顔をしないメリットは?

お肌の状態が良くない、乾燥しがちという方の間で注目を集めているのが、洗顔しない美容法です。この方法は、洗顔料を使用せずに拭き取り化粧水を使用して肌の汚れを落とし、その後にぬるま湯で洗い流すといった方法です。

 

ですので、洗顔しないというのは洗顔料を使用せずに化粧水などで汚れを落とすものに代用しているということになります。
例えば、朝の肌は寝ている間の皮脂やホコリ、前日のメイク汚れが残っている場合があるものの、夜のクレンジング後に使用するような汚れをしっかりと落とせる洗顔料を使用するほど、汚れていないという考えもあり、洗いすぎによる顔の乾燥を防ぐことを考えて摂り入れている方が多いです。

 

拭き取り化粧水による洗顔の効果とは?

まず拭き取り化粧水で顔の汚れを落とす洗顔に向いている肌質は、やはり普段の洗顔で乾燥を感じる方、乾燥がひどいと感じている方です。
洗顔による乾燥は洗顔料による影響と洗顔方法そのものによる影響が大きいですが、拭き取り化粧水の場合には、化粧水に含まれる潤いを与える保湿成分と油分の働きで汚れを落としていくため、穏やかな洗浄が可能です。

 

また、化粧水を使用しているので、洗顔後に感じるようなつっぱりを感じることなく、そのまま潤いを与えているケアとも言えるので、普段の洗顔で乾燥しがちという方には良さを感じられやすいと言えます。

 

拭き取り化粧水による洗顔はニキビには影響がある?

ニキビ肌の場合にも、やり方に注意することで、負担を与えずに洗顔が行えます。
ニキビができやすい原因として洗顔のしすぎや洗顔料の洗浄力による皮脂の落としすぎによって肌が乾燥に傾き、その肌を守ろうとして皮脂を分泌するなかで毛穴に皮脂が溜まり雑菌によってニキビになってしまう場合があります。

 

拭き取り化粧水は洗浄力については穏やかですし、保湿成分を含んでいるので、乾燥しにくい洗顔が行えます。

 

乾燥肌、ニキビ肌の両方に言えることは、拭き取りに使用するコットンやシートで擦ることによる肌への負担には注意する必要があります。
保湿成分で肌の水分や油分を補っていたとしても、擦りつけるように汚れを落とすような拭き取り方だと、肌表面の保湿成分まで落としてしまう他、ニキビには刺激となるので、あくまで刺激が無いように馴染ませてふき取ることを意識する必要があります。

 

拭き取り化粧水の使い方・洗顔方法

朝の場合

  1. 朝起きた肌にそのまま化粧水をコットンなどに染み込ませて肌に馴染ませていきます。
  2. Tゾーンや小鼻、フェイスラインなどは円を描くようになじませていきます。
  3. 汚れを拭き取った後はぬるま湯ですすぎを行います。

 

もしくは拭き取り化粧水を使用する前に、一度ぬるま湯で汚れを落とした後にタオルで水分を拭き取った後に、拭き取り化粧水を使用し、ぬるま湯で汚れをすすぎます。

 

乾燥が気になる方は拭き取った後のすすぎのみでお肌の状態を見て、拭き取り前にすすぎを行うか決めても良いと思います。

 

夜の場合はメイクをしていることが多いと思いますので、クレンジングと洗顔をすることをおすすめします。
休日などでメイクをしていない日の場合には、通常の洗顔の変わりに使用すると肌の乾燥を抑えながらスキンケアを行えます。

 

おすすめの拭き取り洗顔がマナラから登場!

まるで美容液のようにお肌に潤いを与えながら、洗浄成分は不使用で、カプセル化パパイン酵素と美容成分配合のゲルが汚れを包み込んで落としていくので、洗顔をしないで拭き取り化粧水で汚れを落としたい方にピッタリです。また、コットンを使用しなくても、ゲルのようなとろみがあるので、指や掌で顔に馴染ませていくことでも汚れを落とせるので、ニキビが気になるという方にも使いやすいです。