普通肌・混合肌の方が洗顔料を選ぶ時のポイントは?

特にお肌のトラブルを感じることが少なく、洗顔後の肌の状態も適度に潤いがある状態の普通肌・混合肌の方も、現時点では問題が無くても洗顔料や洗顔方法によっては乾燥肌に傾いたり、その後、皮脂の量が多くなってしまうということもあり得ますので、日々の洗顔は現在の良いコンディションの状態を保つことを意識したいです。

 

そもそも普通肌(混合肌)とは?

普通肌(混合肌)の方は水分と油分のバランスが取れている状態の肌と言えます。
洗顔後に感じやすいつっぱりもなく、過剰な皮脂の分泌がなく、スキンケアやメイクにも影響が少なく、ニキビなどもできにくい状態でもあります。

 

普通肌(混合肌)の肌の状態としては、皮脂量は適量、もしくは少なめで水分が保たれていてしっとりとした状態です。
肌を乾燥から守る保湿成分(セラミドやNMF)が保たれていてキメも整っている状態と言えますね。

 

普通肌(混合肌)の方は、肌の色とは別に明るいハリのある印象を与えることもできるため、季節や体調によって皮脂の量や乾燥を感じる多少の変化はあるものの、短い時間で回復しトラブルも少なく、理想的な肌とも言われています。

 

普通肌(混合肌)の洗顔料選び方

普通肌(混合肌)の方は余計なケアをせずに保つことを意識することも大切です。
また、健康な今の状態を保つために与えすぎるケアではなく、適切な量や方法を意識したスキンケアを行うのが基本ですね。

 

ただ、現時点で肌のトラブルを感じていないから洗顔料は変える必要が無いと感じている方も今は良い状態の肌でも肌の元気が無くなる年齢や生活が続いた時にお悩みが増えてしまってはもったいないので、日々の洗顔でも肌自体を育てることを考えて洗顔料を選ぶのもポイントになってきます。

 

普通肌(混合肌)の洗顔料は洗顔フォームと洗顔石鹸どちらがおすすめ?

普通肌(混合肌)の方で洗顔フォームを使用しているという方は、使用感がお気に入りという場合を除いて、他に何かないかな?と感じている方は洗顔石鹸での洗顔もおすすめです。

 

洗顔石鹸のおすすめポイント

洗顔石鹸は洗顔フォームと違い、合成界面活性剤(洗浄剤)が含まれていない、天然の界面活性剤によって肌の汚れを落とします。
また、天然の界面活性剤は汚れを掴む働きは高いものの、水分を含んでいくと汚れを手放し流れる特徴があるため、肌に洗浄成分が残らず、自然分解されるというのがポイントです。

 

肌に残らずに自然分解される石鹸の界面活性剤は合成界面活性剤の洗浄剤のように肌に残って剥がれ落ちる時に肌の保湿成分まで落としてしまうということが無いため、長期的な目で見ると肌自体の汚れはしっかりと落としながら洗った後の肌に対して影響が少ないというメリットがあります。

 

また、石鹸はアルカリ性のため汚れを落とす力自体は高いので、肌に汚れや古い角質が残っておきやすいくすみ感や古い角質による影響でおきるターンオーバーサイクルへの影響も少ない点も特徴です。

 

洗顔石鹸で洗った後につっぱるあの現象は肌が弱アルカリ性に傾いている状態から本来の弱酸性へと戻ろうとしている状態です。
この時に肌自体の再生力を刺激することにも繋がるので、肌自体を育てるという点にも関わっていると言われています。

 

 

敏感肌や乾燥がひどいという方の場合、アルカリ性の石鹸で洗うとヒリヒリとした刺激を感じることもあるので、長期的に見れば肌には悪いわけではないものの、刺激を感じるという面で避けた方が良い場合があります。

 

普通肌(混合肌)の方で普段から洗顔石鹸を使用しているという方は、そのまま洗顔方法に気を使いながら継続していくことで健康的な肌を保つことが期待できます。


 

普通肌(混合肌)の洗顔方法のポイント

普通肌(混合肌)の方の場合、肌の状態が良い、もしくは安定していますので、注意するべきは洗いすぎないことです。
洗いすぎは肌の保湿成分や皮脂まで落としてしまうことに繋がります。

 

洗顔のポイントとしては

  • 水はぬるま湯(30度くらい)で洗うこと
  • 皮脂が多いTゾーンや鼻、フェイスラインにのみ洗顔料を使用するのもおすすめ
  • 泡立てをしっかりと行いこすらずに泡で洗う
  • すすぎは丁寧に回数は多め(20回程度)
  • スキンケアは適度な量で保つ

 

また、朝は洗顔料を使わずに水だけで洗顔をすることで、洗いすぎによる肌への負担を減らすことができますので、季節や生活習慣によってお肌の状態が少し不安定な時期は洗いすぎない洗顔を意識してみることもおすすめです。