牛乳石鹸の赤箱と青箱、洗顔ならどちらがおすすめ?

カウブランド牛乳石鹸

牛乳石鹸はご存知でしょうか?牛乳石鹸は「牛乳石鹸共進株式会社」製造、販売している石鹸です。カウブランドの方が皆さんご存じかもしれませんね。
その歴史はとても古く、発売から約90年も経っており、小さなお子さんから大人まで使える石鹸としてロングセラーとなっています。

 

牛乳石鹸は古くからの製法を続けている釜だき製法によって作られています。この釜だき製法は現在、主流となっている中和製法よりも作るのに時間がかかるものの、その分、天然の保湿成分を残しておけるため、洗った後の肌がつっぱらずにしっとりとした状態になるのが特徴です。

 

牛乳石鹸は赤箱・青箱の2種類

牛乳石鹸は現在、赤箱と青箱の2種類があります。
それぞれミルク成分(乳脂)を主成分としながら、洗い心地や香りに違いがあります。

 

洗顔に使うならどちらがおすすめか気になる所ですが、実は両方とも洗顔に使用できます。ただ、洗い上がりの違いがありますので、お好みや肌質に合わせて選ぶとより良さを感じやすくなります。

 

牛乳石鹸「赤箱」の特徴・成分・価格

牛乳石鹸赤箱

牛乳石鹸と言えば赤箱です。発売も1928年と青箱が1949年と後に販売されており、その歴史は約90年となっています。

 

赤箱の特徴として挙げられるのが、ミルク成分に加えてスクワランが配合されていること、スクワランは天然保湿成分のスクワレンから作られた私達、人間の皮脂にも存在する成分に近いため、保湿をサポート、乾燥しやすい方の肌を守るのに役立ちます。

 

また、香りがローズの香りとなっており、女性が使っていて気分が良くなる自然な香りが特徴です。

 

洗い上がりしっとり派は赤箱がおすすめ

洗い上がりの特徴がスクワランのしっとりとした保湿作用が得られた肌になるので、つっぱり感を感じる方や乾燥肌の方に使いやすいです。
また、公式サイトでは赤箱が洗顔にも使えるという表記があります。

 

赤箱は発売が大阪が最初なため、今でも関西圏では赤箱を好んで使用される方が多いそうです。

 

価格はレギュラーサイズ100gが100円〜となっており、1、3、6個入りが選べます。また、少し大きい125gタイプは125円〜で1個入りと2個入りタイプがあります。
ギフト用も用意されていて、100gサイズが10個入って1000円で購入できます。

 

牛乳石鹸「青箱」の特徴・成分・価格

牛乳石鹸青箱

青箱は赤箱が関西圏で人気が出たのに対して、全国展開を意識して開発された石鹸で、洗い上がりはサッパリとしているのが特徴です。

赤箱に対してさっぱりとした洗い上がりは、暑い季節に気持ち良く洗えるすがすがしさが人気です。

 

香りはジャスミンの香りとなっており、さわやかな香りで男性でも使いやすい石鹸です。

 

洗い上がりさっぱり派は青箱に注目

青箱は公式サイトでは洗顔についての表記が無いものの、愛用されている方は多いです。オイリーな肌でお悩みの方も洗い上がりのサッパリ感がクセになるという声もあるくらいです。

 

また、旦那さんの洗顔石鹸としてプレゼントしたという方も多く、皮脂が多くなりがちで隠れ乾燥な方が多い男性からも好評です。

 

青箱は赤箱と比べてさっぱりとしている分、乾燥肌の方は洗顔後にはしっかりと保湿を行ってあげるとつっぱりを防ぐことができます。
ニキビケアで使用している方は青箱でサッパリと洗ってしっかりと保湿をしているという方も多いですね。

 

価格はレギュラーサイズ85gが80円〜となっており、1、3、6個入りが選べます。135gタイプは115円〜でこちらも1、3、6個入りタイプがあります。
ギフト用も用意されていて、85gサイズが10個入って800円で購入できます。

 

価格的にはスクワランが含まれていないこともあって、青箱の方が安いです。

 

牛乳石鹸での洗顔方法

牛乳石鹸洗顔方法

  • 清潔な手で石鹸を濡らし手に馴染ませていく
  • 空気を含ませながらしっかりと泡立てを行いましょう
  • 泡立ったら一度、泡のキメを潰してさらに少量の水を加えて泡立てる
  • 泡を顔に乗せていき優しくこすらないように洗う
  • 生え際やフェイスラインに洗い残しが無いように注意しながらしっかりとすすぐ
  • すすいだ後のタオルドライでもこすらずに水分を吸い取る
  • 時間をおかないように保湿ケアをする

 

チューブタイプもチェック!