美容オイルとしても人気のオリーブオイル洗顔はどんな肌質におすすめ?

オリーブオイル洗顔

食事で使用されるオリーブオイルは健康にも良いことで愛用されている方は多いですが、美容面でも嬉しい効果が期待できるということで、クレンジングや洗顔、スキンケア化粧品にも配合されるようになりましたよね。

 

そんなオリーブオイルを使った洗顔は純粋なオリーブオイルを使い、肌の皮脂や汚れを油分と馴染ませて落とす、クレンジングと洗顔の両面の特徴を持った洗顔です。

 

そんなにお肌に良いの?オリーブオイルの成分は?

オリーブオイルの中でお肌に良い働きが期待できる成分として挙げられているのが、

  • お肌の保護や抗酸化作用を持ったビタミンE
  • 肌のハリや弾力をサポートするのに役立つ成分ビタミンA
  • 肌の老化防止のための抗酸化成分ポリフェノール
  • 肌の保湿や水分保持に役立つオレイン酸・スクワレン・リノール酸

これらが有名です。オリーブオイルは油分ですので、皮脂との馴染みが良く、肌に残った汚れ、メイクなども一緒に落とせるクレンジングのような効果もあり、洗浄成分が含まれていないため、皮脂や保湿成分を落としすぎることがないというのがメリットでもあります。

 

また、適度に油分の膜ができるため、肌自体のバリア機能を果たしてくれる一面もあります。

 

オリーブオイルによる洗顔の効果とは?

オリーブオイルによる洗顔で期待できる美容面での効果には

  • 肌のくすみ感を落とし明るい印象へと導く
  • 毛穴の汚れを油分で絡め取る
  • 肌を乾燥から守る

オリーブオイルでの洗顔を続けていた方が感じた違いとして挙げられるのが、肌がしっとりと潤いのある状態が続き、乾燥しにくくなるという声が多いです。
また、毛穴が気になっていた方からも好評で、毛穴の汚れがキレイになることで、肌の印象が明るくなったという方もいます。

 

また、クレンジングと一緒に行えるため、洗浄剤が含まれていないため、優しくメイクが落とせます。

 

オリーブオイル洗顔の方法

  1. 蒸しタオルで顔を温め毛穴の開かせ肌を柔らかくする
  2. メイクをしている時はポイントメイクを専用クレンジングで落とす
  3. オリーブオイルを手に取り温めてから顔に馴染ませていく
  4. 全体に馴染ませた後に眉間や鼻、フェイスラインをマッサージするようにオイルを馴染ませる
  5. 余分なオイルをキッチンペーパーなどで拭き取る
  6. 蒸しタオルで再度顔を温め優しく拭き取る
  7. 最後に洗顔料で優しく洗い流す

クレンジングとして行う場合にはマッサージをするのは避け、メイクが馴染んだら落としていくことを優先しましょう。
マッサージをする場合には洗顔としてオリーブオイルを使用する時の方がメイク汚れを肌にこすりつけずに行えます。

 

オリーブオイルによる洗顔後のケアで肌が変わる!

オリーブオイルの作用で毛穴汚れやメイクも馴染みが良く落としやすいので、その後に保湿ケアをしっかりと行うことで、乾燥から肌を守ることができます。

 

オリーブオイル洗顔の注意点

オリーブオイルを洗顔やクレンジングに取り入れる場合には、オリーブオイルにアレルギーがないか事前にパッチテストをする、使用するオリーブオイルは精製度が高いものを使用(エクストラバージンオイルなど)することが肌トラブルを起こさないためのポイントになります。

 

オリーブオイル洗顔がおすすめの肌質は?

乾燥肌の方や洗顔後の肌のつっぱりが気になっている方はオリーブオイル洗顔の良さが感じられやすいと言われています。
それに対してニキビ肌の方はオリーブオイルの栄養がニキビの原因菌のエサとなってしまう可能性があり、悪化させる可能性があるので、避けるようにしましょう。

 

敏感肌の方の場合には、まずアレルギー反応が無いかが重要です。問題無い場合は肌の保湿をサポートしてくれるのでおすすめな点があります。
ただし、ホットタオルで顔を温めるなどの行為が肌への刺激となる場合には避けた方が良いです。

 

オリーブオイル洗顔やクレンジングは市販の洗顔料やクレンジングよりも優しい面があるものの、時間が少しかかりますので、朝の忙しい時間には向かないかもしれません。夜も疲れているのでサっとすませたいという場合には時間がかかるので休日の前日などに取り入れると良いですね。