洗顔ブラシは肌に優しい?負担がかかる?

洗顔ブラシ

洗顔アイテムの一つ、洗顔ブラシはニキビケアの洗顔用品の付属として付いていることが多いですよね。
ただ、洗顔ブラシにあまり馴染みの無い人にとっては肌に負担がかかるのでは?という不安を感じることもあるかと思います。

 

こちらではそんな洗顔ブラシの特徴や使い方についてご紹介します。

 

洗顔ブラシを使うことで期待できる洗顔の効果

洗う時のムラを減らせる

しっかりと泡立てた洗顔料を顔に馴染ませていく時に手や指だとどうしても洗う人の洗い方のクセがでやすく、洗い方にムラがでやすいです。
対して洗顔ブラシを使うことで、肌に当てたブラシ部分が均一に馴染むため洗いムラを減らせるので、汚れをしっかりと落とせる効果が期待できますね。

 

また、髪の生え際やフェイスラインなども洗いやすいのもポイントです。

 

毛穴や古い角質のケア

洗顔ブラシは正しく使うことで素手で洗うよりもしっかりと洗ってキレイにすることができる他、毛穴や古い角質を落とすのにも効果的な一面があります。
泡を馴染ませて汚れや皮脂を吸着していく中で細かい凹凸や毛穴の表面は指で洗おうとすると、どうしても力も入ってしまったりしてしまいやすいですが、洗顔ブラシは細かく柔らかい毛先で肌表面の汚れや毛穴表面の汚れや皮脂を落とせるので、毛穴ケアにも使いやすい点があり、ニキビ用洗顔のアイテムとして付属していることも多いです。

 

顔のマッサージ効果

適度な毛先の刺激やクルクルと圧力をかけていくことで、マッサージ効果も期待できます。
顔のマッサージは血行の巡りアップにも繋がるので、健康的な肌作りにも役立つ点があります。

 

スキンケア化粧品の働きをサポート

肌表面の皮脂や汚れ、毛穴をキレイにすることができるので、その後に行うスキンケアの化粧品の浸透をサポートしてくれます。
肌の古い角質が残っている状態だとスキンケア化粧品の浸透を邪魔してしまう可能性があるので、洗顔ブラシによる洗顔で素肌をリセットすることができます。

 

洗顔ブラシは正しい使い方や種類を選ぶことで肌の汚れを素手で洗うよりもキレイにしてくれる点もメリットだと言えますね。
その効果には肌のトーンアップにも役立つという声も多く、お肌のお悩みが増え始める年代にも愛用されている方が多いです。

 

洗顔ブラシの基本的な使い方

  1. 洗顔料をしっかりと泡立てる
  2. 顔を濡らした後、泡をおでこ、Tゾーン、鼻、頬、あごにのせていく
  3. ブラシを水で濡らし泡にブラシをのせ顔全体に優しく広げていく
  4. ブラシを当てる時は肌に対して垂直の角度を意識する
  5. 押しつけすぎないようにクルクルと円を描くように洗う
  6. すすぎをしっかりと行う

基本的にはいつもよりも泡を多めに作ることと洗顔ブラシを肌に押しつけすぎないように注意します。
洗顔後はあまり時間を置かずに化粧水などで保湿を行いましょう。

 

洗顔ブラシを使う時の注意点

  • 夜の洗顔時に使用する場合はクレンジングでメイクを落としてから行う
  • 泡立て不足は肌に必要以上に刺激を与えてしまうため注意
  • ゴシゴシとこするように肌に当てないこと
  • 時間のかけすぎに注意する
  • 肌の乾燥がひどい時やニキビが炎症を起こしている時は避ける
  • 洗顔ブラシを清潔に保つ

洗顔ブラシは慣れてくると気持ち良いですし、つい長い時間マッサージをするように洗ってしまいがちですが、洗顔料を肌につけて長い時間行うのは肌の潤いや必要な皮脂まで落としてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

また、洗顔ブラシでの洗顔は週に1回くらいから初めて洗い上がりの肌の状態を見ながら行うことで、洗いすぎによる乾燥と、それに伴う皮脂の過剰な分泌を防ぐことができます。

 

洗顔ブラシの種類で電動ブラシと熊野筆はどちらがおすすめ?

洗顔ブラシの種類で多いのが電動タイプと手動で行うタイプです。また、主導で行う洗顔ブラシの中でも熊野筆は肌触りも良く、余計な刺激を与えずに洗えることから、洗顔ブラシの中でも人気が高いです。

 

電動洗顔ブラシの特徴

電動の洗顔ブラシといえば、最近ではプロアクティブのニキビ用ケアセットについてくるようなタイプが想像できますね。
これらは電池や電源を使用し、手動よりも細かく回転をしたり、上下左右に動くことができ、よりきめ細かく洗うことを目的としているのが特徴です。
また長時間の洗いすぎを防ぐためのタイマー付きもあるなど最新技術を駆使しながら便利さがメリットとなっています。

 

ただし、価格が数千円から二万円くらいまで差があるため、モノによって品質がピンキリでもあります。
選び方を間違えると動きが気に入らない、振動が強すぎる、ヘッドの材質が肌に刺激を感じるなど肌トラブルに繋がる可能性もあるので注意が必要です。

 

選ぶ時のポイントはやはりヘッド部分の材質と動きです。特に肌に当たる材質は柔らかいことでゴシゴシと洗ってしまいがちな電動ブラシの弱点を補えます。

 

手動の洗顔ブラシの特徴

手動で行う洗顔ブラシの特徴は、やはり価格面で安く済ませられることによる試しやすさにあります。
また、自分の力で洗い方を調整できるので、電動洗顔ブラシにありがちな回転が強すぎるということも無いです。

 

洗顔ブラシで人気の熊野筆

手動で行う洗顔ブラシで人気が高いのが、熊野筆です。
熊野筆とは書道や絵画などに用いられる毛筆の種類で団体商標にもなっている広島県安芸郡熊野町で生産されている筆です。
メイクブラシとしても、その柔らかな毛先の質感が人気でチーク用のブラシにも使用されていることがあります。

 

洗顔ブラシの場合は肌に当たった時の感触が非常に柔らかく優しいのが特徴で、水分と泡の吸収も良く肌を傷つけずに洗えるのが特徴です。

 

手動の洗顔ブラシは洗浄の仕方に注意しないとブラシ部分が劣化しやすい他、汚れや雑菌が残りやすいため、管理に気を使う必要があるので注意しましょう。